「転職エージェント」という存在

 従前の求職・転職活動は、ハローワークが中心で、その他では新聞・専門雑誌から自分に合ったところを探す、というのが中心でしたが、現在ではネットを中心に求人・転職の機会を探すというように様変わりしました。そのための環境も驚くほど整備されています。

 転職希望者にとってこれまでの環境では、自分が希望する職種や業種があったとしても、求人側が求めている人材像とのミスマッチのため、簡単にベストな転職先を見つけることはなかなか難しいこともあったと思います。

 そのようなミスマッチをなくすため、現れたのが転職エージェントです。転職エージェントの役割は、求人会社と転職希望者のマッチングです。知っておかなければならないのは、転職エージェントの求人情報は原則・非公開ということです。

 登録した求人者に対して、その経歴や能力に合った求人会社とのマッチングをしてくれますので、求職者はできるだけ多くの転職エージェントに登録しておくことで、早く希望の企業と出会える機会が増えます。

 なぜかというと、転職エージェントが抱えている求人情報には、一般公開やハローワークに公開されてない情報が数多くあるからと言われています。それは求人会社から転職エージェントに対する評価が高まっているため、ハローワークなどの一般公開求人ではなく、信頼のある転職エージェントにだけ求人を公開するケースが増えてきているからです。

 このような転職・求人環境を理解しておくと、転職希望者にとって、今後の転職・求職活動をどのようにすすめるか、大きなヒントになるのではないでしょうか?

転職

Posted by ミヤケン