「転職コンサルタント」を見極める

 転職サイトとも呼ばれている転職エージェントですが、求職希望者が登録する平均的な数は大体5社です。そして、転職に成功するためには、各転職エージェントの担当者である「転職コンサルタント」の力量や対応を見極める必要があります。単に登録するだけの「待ち」の姿勢では転職に成功することは難しいのです。

 「転職コンサルタント」を見極めるポイントについてまとめてみましょう。
1、求職者に対してメールや電話はまめにくれ、親身に接しているか。
2、採用実績数はどうか?100人以下の場合、経験不足なのか下手なのか。
3、企業情報にどれだけ精通しているか、また分析力はあるか。
4、希望条件と提案してくる求人情報にミスマッチはないか。

 ポイントを箇条書きにまとめてみると上記のようになります。もう一つ大切なことは転職エージェントによってそれぞれ得意な年齢層があることです。20代、30代、40代が中心になります。得意な世代別に転職エージェントを分類してみますと

 得意な世代別転職エージェントの例(2019年)

■20代が得意な転職エージェント
doda
type転職エージェント(首都圏)
ランスタッド
pasonaキャリア
マイナビエージェント(首都圏・関西圏)

■30~40代が得意な転職エージェント
リクルートエージェント
ビズリーチ

 もちろん、上記のほか全国には中小合わせて17,000社の転職エージェントがあります。詳しくはヤフーなどの検索エンジンで「転職エージェント (地域)」で検索して探してみることです。

 先ずは1社あたり5分~10分程度かかる登録作業を、惜しまずにどんどん登録してみて、その後ほったらかしにしないで、担当してくれる「転職コンサルタント」の対応の様子をしっかり見極め、自分に合った転職エンージェントを見つけ、どんどん相談していく積極さが必要です。それが転職成功への道につながります。

 ただ登録するだけでは、いくら大手であっても、理想の転職先を見つけることは難しいのです。

転職

Posted by ミヤケン